臨床心理カウンセラーのつぶやき(カルト宗派脱会支援ブログ)
臨床心理カウンセラーの独り言
プロフィール

BlackJackGN125H

Author:BlackJackGN125H
臨床心理カウンセラー
カルト宗派脱会カウンセラー
PCカスタマエンジニア

掲示板は、こちらから
お気軽にお立ち寄り下さい。


住処:埼玉県
性別:♂
年齢:おっさん
趣味:バイクいじり;ツーリング
   電子工作;料理
   パソコン;プログラミング
   読書

訪問カウンセリングを行っています。
エリア:埼玉県、東京都、神奈川県
さいたま市内は割引致します。
周辺地域:千葉、茨城、栃木は、
ご相談に応じます。
メールにてご相談下さい。

鬱かもしれないとか病院に
行ったほうが良いかも?と
悩んでおられる方は、
お気軽にメールください。

家族や友人がカルト宗教に
はまって困っている方、
ご相談に応じます。


全国の心理カウンセラー専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセラー相談求人相談.COM】


全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談求人相談.COM】



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



トータルカウンター



オンライン

現在の閲覧者数:



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
990位
アクセスランキングを見る>>



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン改訂
日本精神神経学会は、性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版を公開しました。
こちら(pdfです。)

平成15年7月に,「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」(特例法)が成立し平成16年7月から施行された事を受けて、改訂されたものです。

ようやく諸外国並みにホルモン療法開始可能年齢を条件付きで15歳に引き下げられた事及び二次性徴抑制ホルモン治療に関する項目を追加されました。


スポンサーサイト

人口脳プロジェクト
昔から私がやりたかったプロジェクトがEUで動き出しました。こちら

やはりアメリカではなくこの分野は、フランスやドイツが
先行しています。

予算規模も莫大ですが、たとえ途中で頓挫してもその間に
多くの成果が得られると思います。
無理だと思われていたゲノム解析も現実に出来ましたし
この予算規模であれば「こけた」では済まないでしょう
から皆真剣に成功を目指すでしょう

日本じゃ誰に話しても「絵空事扱い」ですからねぇ・・・

プロジェクトの成功を祈ってます。



医療債詐欺・・・
医療債詐欺で逮捕者が出ているようですね。。。こちら

いつか、この手の詐欺が出てくるだろうと思って
いましたが・・・やはり出てしまったようですね。

病院が「潰れる」ようになってから、新規の開院
もファンドなどが一般的になって専門でそれらを
行っている会社もありますが・・・中には、詐欺に
近い連中も混じっています。

病院を開業するとなると、かなりのお金が動きます。
当然、そこには「銀行」やら「コンサルティング」
と称する「ブローカー」まがいの連中が「ニコニコ」
して近づいてくるわけです。。。

病院というものが、ある意味で「公的な」機関だと
仮定するならば、「医療債」の発行・管理などは、
民間に開放せずにそれこそ「厚生労働省」が管轄
して「外郭団体」に集中させるべきだと思います。

そうでもしない限り。この手の事件はますます増加
するでしょう。。。



胃がんの予防に!
ピロリ菌の除菌が保険適用になりそうです。
記事はこちら

ようやく、厚労省も重い腰を上げたというか・・・
もっと早く適用していてもおかしくない治療ですね。



インフルエンザにご注意!
大雪の報道ばかりが目立ちますが・・・

寒さも今年の記録を更新しそうですね。。。

又、各地で「インフルエンザ」の注意報が出たりしていますので、
くれぐれも、ご注意を!



高額医療費の大幅拡充へ
1/7共同通信配信

 厚生労働省は5日、高額の医療費がかかった時の自己負担を一定額に抑える「高額療養費制度」を大幅拡充する方針を固めた。昨年の社会保障審議会の部会で新たに自己負担の年間上限を設ける小幅見直し案を示したが、自民、公明両党が政権奪還を機に一段の充実を求めているため、抜本改革を目指す。月間の上限額(約8万円)を低所得層に限って半減したり、年間上限を新設したりする案が軸になる。

 具体的な制度設計の方向性や財源は、社会保障改革を議論する国民会議で検討。会議が示す方向性を踏まえ、2013年末までに詳細を詰める。

--------------------------------------------------

財源の問題などが残っていますが、抗がん剤など高額な
薬剤などの負担が軽減されれば良い事ですね。

全体としては医療費は圧縮しなければいけないのですが、
長期間の高額負担軽減は必要だと思います。




エパデール
生活習慣病の治療薬が市販される事になりました。
記事はこちら

この薬は「EPA製剤」なのですが・・・

私見ですが以前から「何故処方薬だけなのか?」不思議でした。。。

EPAは「サプリメント」にもなっていますが(容量は違います)、
市販併用薬でも大丈夫だとは思っていました。

主に中性脂肪を下げるのですが、メタボなどが気になる方には
お勧めです。。。



ボルタレンなど第2類への移行を了承 厚労省・薬食審
ボルタレンも第2類への移行が了承されました。

近日中にパブリックコメントが募集され、安全対策部会での了承が得られれば
リスク区分の変更が行われる予定となっています。



・・・まだだったのね

既に移行済みだと勘違いしてました。(笑)


民主党との決別・・・日本医師会
2009年の政権交代後、民主党との協調路線にシフトした日本医師会が自民党支持に回帰しつつある。

当然といえば当然だが・・・

政党に振り回されない在り方を考え直すべき

なのかもしれない





発達障害:小中学生61万4000人
毎日jpによると・・・

普通学級に通う公立小中学生の6.5%に発達障害の可能性があることが5日、文部科学省の調査で分かった。
記事はこちら

らしいです。非常に深刻な数字なんでちょっとビックリしてます。。。

統計の取り方にもよりますが、6.5%はチョット大きいですね。
2~3%なら判らなくもないのですが、5%を超えていると非常に問題です。

ADHDやLDの対策遅れの解消を急がないといけないですね。
(専門家の養成が追いついてないと思いますね)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。